ゴルフクラブ選択のノウハウ




ゴルフクラブは何を揃えればいいの?

ゴルフをするならゴルフクラブが必需品です。ゴルフクラブは複数種類あります。ドライバー、ウッド、アイアン、ピッチング、パターなど。数種類を持つ理由は1本のクラブでプレーするよりも、形状、機能が異なったクラブをたくさん使った方が、「快適にプレーしやすく、いいスコアを出しやすい」からです。ゴルフクラブは14本までOK。クラブを使い分けて快適にプレーしましょう。

クラブには番号が付いています。数字が小さいほど飛距離が長く、高さが低いです。数字が大きいほど飛距離が短く、高さが出ます。ゴルフクラブは大きく分けて3種類あります。

【ウッド】
飛距離を出すためのクラブです。ドライバーとウェアウェイウッド(FW)と呼び分けます。1W(1番ウッド)はドライバーです。1打目に打つものです。最も飛距離の出るクラブです。3W、4W、5W、7Wとあり、数字が大きくなるほど、飛距離は縮みます。3W以降をフェアウェイウッドと呼びます。

【アイアン】
アイアンは狙ったところにボールを運ぶためのクラブです。ウッドよりも短く、ヘッドが板状に薄べったく作られています。6〜10本単位でセット売りされています。数字が小さいほど距離が出ます。数字が大きくなるほどボールが上がりやすいのです。9番以降は、PW(ピッチングウェッジ)、 AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)となります。バンカーではSWを使ってバンカーから脱出します。

【パター】
ボールを転がすためのクラブです。グリーン上で使います。

クラブには長さや重さなど相性もあります。ご自分にあったクラブで楽しいゴルフをなさってください!

 
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア



Copyright(c)2010〜現在まで   ゴルフブッキング All rights reserved. about us